日経平均は内需主導で4連騰、子ども関連活況-売買5カ月ぶり低水準

東京株式相場は、日経平均株価が 4連騰。景気や企業業績が予想ほど悪くないとの見方から内需関連株が 買われ、小売りや建設、情報・通信が高い。アナリストの強気判断を受 けた不動産は、東証1部の業種別上昇率で首位。ただ、3連休を控え様 子見姿勢も強く、売買代金は5カ月ぶりの低水準だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。