債券相場は小幅高で開始、米債反発や5年入札通過で-株高には警戒

債券相場は小幅高(利回りは低 下)。東京先物市場の中心限月9月物は、1銭高い138円60銭で取引を 開始した。前日の米国債相場が反発しており、こうした地合いを引き継 いでやや買いが先行した。前日に5年債入札を無事に通過できたことも 買い安心感につながっている。一方、株式相場の上昇に対する警戒感が 出ており、上値も重い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。