東京外為:円とドルが強含み、米銀決算の下振れ警戒でリスク回避圧力

東京外国為替市場では円とドル が強含み。米銀の決算発表を前に全般的に様子見姿勢が強かったもの の、決算の下振れリスクを警戒する向きが多く、週末を前に相対的に 金利の高い通貨から超低金利の円やドルに資金を戻す動きが優勢とな った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。