横綱の国に眠る天然資源、モンゴル首相が2兆円の支援期待

来日中のモンゴルのサンジャー・ バヤル首相は、国内鉱物資源開発のため今後5年間で、海外から250 億ドル(2兆3400億円)の投資が必要との見解を明らかにした。朝青 龍、白鵬2人の横綱ら幕内力士10人を輩出する相撲大国が国内に眠る 世界最大規模の天然資源の開発支援を日本に求めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。