米トウモロコシ先物:7カ月ぶり安値、単収増観測で-大豆も安い

シカゴ商品取引所(CBO T)では16日、トウモロコシ相場が一時7カ月ぶりの安値まで下 げ、大豆も売られた。気温低下により米中西部の穀物の生育へのス トレスが軽減され、イールド(単収)が増加するとの見方が広がっ た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。