7月16日の海外株式・債券・為替・商品市場

◎外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場では円がユーロに対して4日ぶりに上 昇。米商業金融CITグループが米政府からの資金取り入れ交渉が決 裂したことを明らかにしたほか、フィラデルフィア連銀の発表した同 地区の製造業景況指数が落ち込んだことから、高利回り資産への需要 が後退し、その結果円に買いが入った。

ニュージーランド(NZ)ドルはドルに対して大幅下落。格付け 会社フィッチ・レーティングスがニュージーランドの長期ソブリン格 付け見通しを引き下げたと発表した。米ニューヨーク大学のヌリエ ル・ルービニ教授(経済学)がリセッション(景気後退)は年内に終 わるとの見方を示したことから米株が上昇、円は上げ幅を縮小した。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)のシニア 為替ストラテジスト、マイケル・ウールフォーク氏は「過去数週間の 為替の動きはジェットコースターのようだ。この日もそうだった」と 述べた。

ニューヨーク時間午後4時18分現在、円は対ユーロで0.2%上 昇して、1ユーロ=132円70銭(前営業日は同132円95銭)。ドル はユーロに対して0.3%下げて1ユーロ=1.4147ドル、前日は

1.4107ドルだった。円は対ドルで0.5%上げて1ドル=93円80銭 (前日は94円23銭)。

NZドル下落

NZドルは米ドルに対してほぼ変わらずの1NZドル=64.84セ ント。一時は最大1.5%安まで売り込まれた。フィッチはニュージー ランドの長期ソブリン格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ (弱含み)」に引き下げたと発表した。同国の経済見通しや経常赤字 の規模を懸念材料に挙げている。

ユーロ・円の為替レートとS&P500種株価指数の60日間の相 関関係指数は0.67と、2月末の0.48から上昇した。同指数で1は為 替レートとS&P500種が同方向に動くことを示唆する。

対米証券投資

米財務省が16日に発表した5月の対米証券投資統計によると、 外国の政府と投資家の中長期金融資産取引額は外国人からみて198億 ドルの売り越しとなった。中国は米国債保有を380億ドル増やし、総 額は8015億ドルとなった。

中国人民銀行(中央銀行)は15日、同国の外貨準備高が初めて 2兆ドルを上回ったと発表した。

ドイツ銀行の通貨戦略世界責任者のバイラル・ハフィーツ氏(ロ ンドン在勤)は、「中国の外貨準備があるからこそ、米国は他国より も多額の財政赤字を許している。中国側は外貨準備の多様化を望んで いることを示唆するが、統計をみるとそれは計算された上でのレトリ ック(表現)であることが示唆される。ドルを見捨てることはない」 と述べた。

CITの見通し

円は対ユーロで約1週間ぶり安値から上昇。CITは前日遅くに 当局との資金支援をめぐる交渉が決裂したことを明らかにし、「米政 府から追加支援が提供される明確な可能性はない」との文書を発表し た。

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は今週、 連邦政府の支援がなければCITは破たんの危機に直面すると指摘し ていた。

米フィラデルフィア連銀が16日に発表した7月の同地区製造業 景況指数はマイナス7.5と、前月のマイナス2.2からマイナス幅が拡 大した。同指数のゼロは景気拡大と縮小の境目を示す。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト調査の予想中央値はマイナス

4.5だった。

◎米国株式市場

米株式市場ではS&P500種株価指数とダウ工業株30種平均が 4日続伸。ニューヨーク大学のルービニ教授が金融危機の最悪期は終 わり、年内にリセッション(景気後退)が終えんを迎えると発言した ことが買いを誘った。合併・買収(M&A)観測から資源株も高い。

肥料の製造・販売を手掛けるモザイクが12%上昇し、昨年12月 以来の大幅高。世界最大の鉄鉱石生産会社、ブラジルのヴァーレが 250億ドルで買収する可能性があるとの報道が材料となった。ルービ ニ教授の発言を受けて、ユナイテッド・パーセル・サービス(UP S)やゼネラル・エレクトリック(GE)に買いが入り、S&P500 種の産業株指数は全10セクターで上昇率首位となった。金融危機を 予想して的中させた同教授は、景気回復を確かなものにするため、追 加の景気対策が必要になる可能性があるとも述べた。

S&P500種株価指数は前日比0.9%高の940.73。ダウ工業株30 種平均は95.61ドル(1.1%)上昇の8711.82ドルで終了した。

ハイマーク・キャピタル・マネジメント(サンフランシスコ)の 最高投資責任者(CIO)、デービッド・ゲーツ氏は「市場参加者が 抱き始めている楽観的な見方はリセッションがあと数カ月で終わるか もしれないというものだ。最も弱気な人々でさえ、考えを改め始めて いる」と述べた。

金融株を中心に下げる場面もあった。商業金融のCITが破産法 に基づく会社更生手続きの適用申請を余儀なくされるとの懸念に加え、 JPモルガン・チェースがクレジットカード事業で2010年に利益が 出ることはないとの見通しを示したことが売りを誘った。

ルービニ教授

ニューヨークで開催されたチリの投資家のための会議に出席した ルービニ教授はインタビューに応じ、「米経済の急降下は止まった。 経済は今も縮小しているが、そのペースは緩やかだ」と述べた。

8日以降に4―6月(第2四半期)決算を発表したS&P500種 構成企業28社の利益は、平均で予想を24%上回っている。ブルーム バーグのデータによれば、500社全体の4―6月期業績見通しは35% 減益、7―9月(第3四半期)が21%減益となっている。S&P500 種は3月9日に付けた12年ぶりの安値から39%戻している。

モザイクは12%高。エスタド・ジ・サンパウロ紙は16日、ヴァ ーレが250億ドルで同社を買収する可能性があると伝えた。情報源は 明らかにしていない。同紙によると、英豪系鉱山会社のBHPビリト ンもモザイク買収に関心を示している。

フリーポート・マクモラン・カッパー・アンド・ゴールドは4日 続伸。この日は5.7%高で終えた。

IT株は7連騰

S&P500種の情報技術(IT)株指数は7日続伸。2007年9月 以降で最長の上昇局面となった。デジタルカメラ向けメモリーカード 最大手のサンディスクは9.1%高。米金融経済専門局CNBCの番組 「マッド・マネー」の司会者ジム・クレーマー氏が推奨したことが買 い材料となった。同氏はモバイル・インターネット・デバイス(MI D)の需要拡大でモトローラが恩恵を受けるとみている。

CIT株は75%安の41セント。同社は発表資料で「短期的に米 政府からの追加支援が提供される明確な可能性はない」と説明した。 クレディットサイツによると、破産法の適用申請を避けるには最大 60億ドルが必要。

JPモルガンは0.4%安。ジェイミー・ダイモン最高経営責任者 (CEO)は電話会見で、クレジットカード事業で2010年に利益が 出ることはないとの見通しを示した。ブルームバーグのデータによれ ば、同事業は収入全体の約4分の1を占める。

36%増益も株価は上昇せず

同行の4-6月(第2四半期)決算は36%増益となり、アナリ スト予想を上回ったものの、買い材料にはならなかった。投資銀行業 務の手数料収入が過去最高を記録した。

17日に決算を発表する予定のバンク・オブ・アメリカ(BO A)は1.9%安。ダウ平均構成銘柄で下げが最もきつい。同行は6月 のクレジットカード関連の純貸倒償却率が上昇したと発表した。S& P500種の金融株は0.2%安。

◎米国債市場

米国債相場は4日ぶり反発。米商業金融CITグループが政府か らの資金支援は受けられそうにないとの見方を表明したことや、フィ ラデルフィア連銀製造業景況指数のマイナス幅拡大を受け、国債の安 全性が見直された。

10年債利回りは低下。米財務省が発表した対米証券投資統計で、 中国が5月に米国債の保有を増やしたことが示されたことも好感され た。一方、ロシアと日本、カリブ海諸国は保有を減らした。国債や株 式市場のボラティリティを示す指数はいずれも上昇した。

ストーン・アンド・マッカーシー・リサーチ・アソシエーツの債 券アナリスト、ジョン・キャナバン氏は「CITの破たんの可能性で この日の相場基調が決まり、安全資産の買いにつながった」と指摘。 「経済は依然、緩やかな回復に向かっている」と述べた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時 間午後4時16分現在、10年債利回りは前日比3ベーシスポイント (bp、1bp=0.01ポイント)低下の3.57%。10年債(表面利率

3.125%、2019年5月償還)価格は1/4上げて96 11/32。

CITは前日遅くに文書を発表し、「今後短期間に米政府から追 加支援が提供される明確な可能性はない」と明らかにした。

「順調」とは言えず

米国債の利回りは昨年末、信用市場の事実上凍結を受け過去最低 水準まで低下。世界で最も流動性の高い安全資産に資金が流入した。

米フィラデルフィア連銀がこの日発表した7月の同地区製造業景 況指数はマイナス7.5と、前月のマイナス2.2からマイナス幅が拡大 した。同指数のゼロは景気拡大と縮小の境目を示す。

キャンター・フィッツジェラルドのチーフ債券ストラテジスト、 ジョージ・ゴンキャルベス氏は「状況は依然、一部企業決算が示した ように順調とは言えない。経済は引き続き閉塞状態にある」と指摘。 その上で「ボラティリティが高い」と付け加えた。同氏は10年債利 回りが年末までに2.90%に低下すると予想する。

米国債相場の予想ボラティリティ(変動率)の指標であるメリル リンチのMOVE指数は前日までの3日間で連続上昇し151.80と、 過去2週間での最高水準となった。

一方、株式市場のボラティリティを示すVIX指数は前日3.5% 上昇と、5日ぶりに上昇に転じた。

「非常にぜい弱」

米財務省がこの日発表した5月の対米証券投資統計によると、中 国は中長期の米国債保有を380億ドル増やした。外国の政府と投資家 の中長期金融資産取引額は外国人からみて198億ドルの売り越し。前 月は115億ドルの買い越しだった。財務省短期証券(TB)や株式ス ワップなど短期資産を含む金融資産の合計では666億ドルの売り越し。 前月は380億ドルの売り越しだった。

セージ・アドバイザー・サービシズのパートナー、マーク・マッ クイーン氏は「米国債への需要が国際的に低下している事実は、巨額 の借り入れを必要とする米国が非常に弱い立場にあるという認識を補 強する」と指摘。「中国が保有を増やしたことには励まされるが、今 後必要ならば中国には別の選択ができることも事実だ」と述べた。

経済再建や前例のない規模の財政赤字の立て直しに向け国債発行 が記録的水準となるなか、オバマ米大統領は中国を含めた海外投資家 への依存を高めている。

米政府の今年上期の国債入札規模は9630億ドル。バークレイズ によると、下期の規模は08年通期の実績を上回る1兆1000億ドルに 拡大する可能性がある。

◎金先物市場

ニューヨーク金先物相場は下落。ドルが上昇するとの観測が広が り、代替投資としての金の魅力が減退した。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)の ドル指数は一時0.2%低下する場面もあったが、その後、金市場の引 けにかけて一時低下幅をほぼ埋めた。

英バークレイズ・キャピタルのアナリスト、スキ・クーパー氏 (ロンドン在勤)「この先数週間にドルが上昇するとの見方は、金の 騰勢を抑制するだろう」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 相場8月限は前日比4ドル(0.4%)安の1オンス=935.40ドルで取 引を終了した。

◎原油先物市場

ニューヨーク原油相場は続伸し、1週間ぶり高値となった。米ニ ューヨーク大学のヌリエル・ルービニ教授(経済学)がリセッション (景気後退)は年内に終了するとの見通しを示したことが手掛かり。

原油相場は取引終盤にかけて反転。金融危機を正確に予想したこ とで知られるルービニ教授の同発言に反応した。朝方には売りが先行 し、下落幅は一時2ドルとなった。米国の原油在庫が増加する一方、 リセッションの継続で需要は減退するとの懸念が広がった。

PFGベスト(シカゴ)のバイスプレジデント、フィル・フリン 氏は「株式相場が堅調で、原油もそれに追随した」と指摘。「ルービ ニ教授が正しければ、需要は拡大し、この日の上昇も正当化される。 ただ、原油相場は依然ぜい弱であり失業率がさらに上昇すれば新たな 下値を試す展開も予想される」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物8月限は前日 比48セント(0.78%)高の1バレル=62.02ドルで終了した。

◎欧州株式市場

欧州株式市場では、ダウ欧州600指数が4営業日連続で上昇。米 銀JPモルガン・チェースの決算で利益が市場予想を上回ったことの ほか、中国景気の加速が材料となった。

仏銀のBNPパリバとソシエテ・ジェネラルが上昇。JPモルガ ンの4-6月期利益が2007年以来で初めて前年同期比で増加したこ とを好感した。スウェーデンの家電メーカー、エレクトロラックスは、 4-6月期がアナリスト見通しを上回る増益となったことを受け、

9.2%上げた。

一方、フィンランドの携帯電話メーカー、ノキアは5年ぶり大幅 安。携帯電話市場のシェアと収益の見通しを引き下げたことが売りを 誘った。

ダウ欧州600指数は前日比0.4%高の209.86と、6月12日以来 の高値で引けた。10日以来では6.5%高と、このままでいけば週間ベ ースとしては年初来で最大の上げとなる勢い。

サル・オッペンハイマーの株式戦略責任者、マティアス・ヨール ス氏(フランクフルト在勤)は、「投資家は決算期に極めて低い期待 を持って臨んだが、世界が破たんしていない上、JPモルガンの驚く べき業績に喜んでいる」と語った。

西欧の各国市場

16日の西欧市場では、18カ国中14カ国で主要株価指数が上昇。 ダウ・ユーロ50種株価指数は前日比0.3%高、ダウ・欧州50種株価 指数は0.4%上げた。

ダウ・ユーロ50種株価指数が下落した場合の保険として使われ るオプションの費用に連動するVstoxx指数は3.2%低下し

26.88となった。これは、リーマン・ブラザーズ・ホールディングス が破たんした6日前の昨年9月9日以来の水準。

中国国家統計局がこの日発表した今年4-6月の中国の国内総生 産(GDP)伸び率は前年同期比7.9%となった。ブルームバーグ・ ニュースがまとめたエコノミスト20人の調査中央値は7.8%だった。

BNPは1.7%高、ソシエテ・ジェネラルは3.2%上げた。JP モルガンの4-6月期利益は前年同期比36%増の27億ドル(1株当 たり28セント)。アナリストの予想平均は5セントだった。

◎欧州債券市場

欧州債相場は反発。欧米の経済統計が市場予想を下回ったことか ら、経済危機の最悪局面を脱していないとの見方が再浮上、国債相場 は4営業日ぶりに上昇した。

2年債利回りの低下幅はここ2週間で最大となった。7月のフィ ラデルフィア連銀景況指数はマイナス幅が予想を上回った。また燃料 コストの低下と景気後退による需要後退で、6月の仏消費者物価が2 カ月連続で低下したことも国債の買いにつながった。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ スタメンコビッチ氏は「市場はこの日の経済統計の発表で、米経済回 復を示す兆候が増えるとの見方を織り込んでいたが、結果は逆になっ てしまった。製造業セクターが回復に向かっているとの期待は、フィ ラデルフィア連銀指数の悪化で打ち砕かれた」と語った。

ロンドン時間午後4時43分現在、2年債利回りは前日比6ベー シスポイント(bp、1bp=0.01)低下し1.21%。10年債利回り は前日比5bp低下し3.32%となった。同国債(表面利率3.5%、 2019年7月償還)は0.38ポイント上げ101.47。

◎英国債市場

英国債市場では、2年債相場が3日ぶりに上昇。世界的な銀行業 界の危機が長引くとの懸念から、安全投資としての国債需要が高まっ た。

2年債に対する10年債の上乗せ利回りは1カ月余りで最大の幅 に拡大した。米商業金融のCITグループが15日、米連邦政府から 恐らく追加支援を得られないとの見方を示したことを受け、同社が連 邦破産法11条の適用を申請するとの観測が強まった。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)のシニア債券ストラ テジスト、リチャード・マクガイアー氏(ロンドン在勤)は「破たん する金融機関がまだあるとの見方が英国債を支えている。このところ 市場では信頼感が芽生えていただけに、この見方が国債再評価へのき っかけとなった」と語った。

2年債利回りはロンドン時間午後5時36分現在、前日比5ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)下げ1.12%。同国債(表面 利率4.25%、2011年3月償還)価格は0.07ポイント上げ105.07。 10年債利回りは3bp低下し3.77%。

2年債と10年債の利回り格差(スプレッド)は265bpと、6 月3日以降で最大となった。

東京ニューズルーム  +81-3-3201-8900

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 藤田比呂子 Hiroko Fujita +81-3-3201-8662 hfujita2@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE