米CITの長期発行体デフォルト格付けを「C」に引き下げ-フィッチ

格付け会社フィッチ・レーティ ングスは16日、米商業金融CITグループと子会社の長期発行体デ フォルト格付け(IDR)を、従来の「BB-」から「C」へと引き 下げた。フィッチがある種のデフォルト(債務不履行)が不可避ない し近づいているとみていることが示唆された。この格下げにより約 350億ドル(約3兆2900億円)相当の債務が影響を受ける。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。