米国株:続伸、ルービニ教授の年内リセッション終了発言で

米株式市場ではS&P500種株価 指数とダウ工業株30種平均が4日続伸。ニューヨーク大学のルービニ 教授が金融危機の最悪期は終わり、年内にリセッション(景気後退) が終えんを迎えると発言したことが買いを誘った。合併・買収(M& A)観測から資源株も高い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。