NY外為:円上昇、CIT交渉決裂で高利回り資産需要減

ニューヨーク外国為替市場では 円がユーロに対して4日ぶりに上昇。米商業金融CITグループが 米政府からの資金取り入れ交渉が決裂したことを明らかにしたほか、 フィラデルフィア連銀の発表した同地区の製造業景況指数が落ち込 んだことから、高利回り資産への需要が後退し、その結果円に買い が入った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。