米国債:反発、CIT救済遠のき需要増-10年債3.57%

米国債相場は4日ぶり反発。米 商業金融CITグループが政府からの資金支援は受けられそうにない との見方を表明したことや、フィラデルフィア連銀製造業景況指数の マイナス幅拡大を受け、国債の安全性が見直された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。