英国債:上昇、危機長期化懸念で質への逃避-2年債利回り1.12%

英国債市場では、2年債相場が 3日ぶりに上昇。世界的な銀行業界の危機が長引くとの懸念から、安 全投資としての国債需要が高まった。

2年債に対する10年債の上乗せ利回りは1カ月余りで最大の幅 に拡大した。米商業金融のCITグループが15日、米連邦政府から 恐らく追加支援を得られないとの見方を示したことを受け、同社が連 邦破産法11条の適用を申請するとの観測が強まった。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)のシニア債券ストラ テジスト、リチャード・マクガイアー氏(ロンドン在勤)は「破たん する金融機関がまだあるとの見方が英国債を支えている。このところ 市場では信頼感が芽生えていただけに、この見方が国債再評価へのき っかけとなった」と語った。

2年債利回りはロンドン時間午後5時36分現在、前日比5ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)下げ1.12%。同国債(表面 利率4.25%、2011年3月償還)価格は0.07ポイント上げ105.07。 10年債利回りは3bp低下し3.77%。

2年債と10年債の利回り格差(スプレッド)は265bpと、6 月3日以降で最大となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE