欧州債:反発、欧米経済統計が予想下回る-独2年債利回り1.21%

欧州債相場は反発。欧米の経済統 計が市場予想を下回ったことから、経済危機の最悪局面を脱していな いとの見方が再浮上、国債相場は4営業日ぶりに上昇した。

2年債利回りの低下幅はここ2週間で最大となった。7月のフィ ラデルフィア連銀景況指数はマイナス幅が予想を上回った。また燃料 コストの低下と景気後退による需要後退で、6月の仏消費者物価が2 カ月連続で低下したことも国債の買いにつながった。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ スタメンコビッチ氏は「市場はこの日の経済統計の発表で、米経済回 復を示す兆候が増えるとの見方を織り込んでいたが、結果は逆になっ てしまった。製造業セクターが回復に向かっているとの期待は、フィ ラデルフィア連銀指数の悪化で打ち砕かれた」と語った。

ロンドン時間午後4時43分現在、2年債利回りは前日比6ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01)低下し1.21%。10年債利回りは前 日比5bp低下し3.32%となった。同国債(表面利率3.5%、2019年 7月償還)は0.38ポイント上げ101.47。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE