米バイオジェン:4-6月期30%減益、開発費除く利益は予想上回る

多発性硬化症治療薬で最大手の米 バイオジェン・アイデックが16日発表した4-6月(第2四半期)決 算は、前年同期比30%の減益だった。ライセンス提携に絡んだ研究コ ストがかさんだ。

同社の発表資料によると純利益は1億4490万ドル(1株当たり49 セント)と、前年同期の2億800万ドル(同70セント)から減少した。 同業のアコルダ・セラピューティクスとの提携に関わる研究コストを 除くと1株当たり利益は75セントと、ブルームバーグ・ニュースがま とめたアナリスト4人の予想平均68セントを7セント上回った。

売上高は前年同期比10%増の11億ドル。このうち多発性硬化症治 療薬「タイサブリ」の販売は27%増加した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE