ラガルド仏財務相:仏米のバーゼルⅡに対する見解、一段と収束へ

フランスのラガルド財務相は16 日、銀行の自己資本比率規制「バーゼルⅡ」をめぐり、同国と米国は 意見が分かれているものの、両国間の見方が一段と収束しつつあるこ とを明らかにした。

ラガルド財務相はパリで、仏米両政府は銀行と金融機関に対する レバレッジ効果に関し、見解が異なっているとも述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Helene Fouquet in Paris at +33-1-5365-5038 or hfouquet1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jones Hayden at +32-2-285-4312 or jhayden1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE