米シティが部門スピンオフ検討、トレーダーの高報酬維持狙う-WSJ

米紙ウォールストリート・ジャー ナル(WSJ、オンライン版)は16日、米銀シティグループがエネ ルギートレーディング部門のフィブロをスピンオフ(分離)すること を検討していると報じた。事情に詳しい複数の関係者の話を基に伝え たもので、フィブロがトレーダーの報酬を高水準に維持できるように するためだという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。