アジア株:MSCI指数、2週間ぶり高値-中国GDPなどに反応

16日のアジア株式相場は上昇し、 MSCIアジア太平洋指数が2週間ぶりの高値を付けた。4-6月の 中国の国内総生産(GDP)伸び率が前期の低い数字から回復したこ とや、6月の米鉱工業生産指数の低下率が前月と比べ縮小したのを受 け、世界的に景気が回復しつつあるとの楽観的な見方が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。