中国外務省:英豪リオ従業員の対処めぐる豪州世論は主権への干渉

中国外務省の秦剛報道官は16 日、中国当局が国家機密を盗んだ容疑で拘束した英・オーストラリ ア系資源会社リオ・ティント従業員の対処をめぐるオーストラリア 国内の世論は、中国の司法主権を干渉する「雑音」だとの見解を明 らかにした。

同報道官は北京での定例記者会見で、「拘束されたリオ従業員 は中国に打撃を与えた」と語った。

ただ、中国は国外からの投資を歓迎するとも述べ、先週の発言 を繰り返した。

-- Dune Lawrence. Editor: Eugene Tang.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Dune Lawrence in Beijing at +86-10-6649-7572 or dlawrence6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Eugene Tang at +86-10-6649-7577 or eugenetang@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE