中国外務省:英豪リオ従業員の対処めぐる豪州世論は主権への干渉

中国外務省の秦剛報道官は16 日、中国当局が国家機密を盗んだ容疑で拘束した英・オーストラリ ア系資源会社リオ・ティント従業員の対処をめぐるオーストラリア 国内の世論は、中国の司法主権を干渉する「雑音」だとの見解を明 らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。