米住宅差し押さえ件数:1-6月期は過去最悪-リアルティトラック

デフォルト(債務不履行)関連デ ータの販売を手掛ける米リアルティトラックが16日発表した今年1 -6月(上期)の米住宅差し押さえ手続き開始件数は、過去最悪を記 録した。雇用情勢の悪化や不動産価格の下落により、住宅不況が一段 と悪化した様子が示された。

リアルティトラックによると、1-6月期に債務不履行または競 売の通告を受けた物件と、銀行が差し押さえを実行した物件の合計は 150万件を超え、前年同期に比べ15%増加した。米家計の84軒に1軒 が差し押さえ対象になったことになる。

南カリフォルニア大学のラスクセンター(不動産)のディレクタ ー、リチャード・グリーン氏はインタビューに対し「国民は職を失い、 所得が減少し、住宅ローンの返済が滞っている」と指摘した。

米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)/ケース・シラー 住宅価格指数によると、全米主要20都市の4月の住宅価格は前年同月 比18.1%下落した。労働省が2日発表した6月の失業率は9.5%と、 1983年以来の高水準に上昇し、リセッション(景気後退)が始まった 2007年12月以降の総失業者数は約650万人に達している。

リアルティトラックによると、1-6月期の州別の差し押さえ件 数は、カリフォルニア州が前年同期比15%増の39万1611件で最大。 2位のフロリダ州は同42%増の26万8064件だった。3位はアリゾナ 州、4位はイリノイ州。

4-6月期の住宅差し押さえ手続き開始件数も前期比11%増、前 年同期比20%増の88万9829件と、四半期ベースで過去最悪となった。 6月は33万6173件で、月間では2005年1月以降3番目の高水準だっ た。

-- Editors: Sharon L. Lynch, Alan Mirabella

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Dan Levy in San Francisco at +1-415-617-7077 or dlevy13@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Mirabella at 1-212-617-4149 or amirabella@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE