中国株の上昇失速も、予想下回る企業利益で-ゴールドマン

米ゴールドマン・サックス・グル ープによれば、中国株の上昇は失速する可能性がある。企業利益が市 場予想に届いていないためだ。

ゴールドマンの中国担当ストラテジー責任者、トーマス・デン氏 (香港在勤)は16日、上海での説明会で、同社の予想では2009年の 中国企業の利益は前年比5%減少する見通しだと述べた。一方、市場 では通年で「18-20%」の利益の伸びが見込まれているという。

デン氏は「利益改善が予想されているものの、回復ペースに関す る見解は異なっている」と指摘。市場が予想している通年の伸びを達 成するためには、7-12月(下期)の収益が急増する必要があると付 け加えた。

中国株の指標である上海総合指数は今年に入り75%上昇しており、 世界の主要市場で最高のパフォーマンスとなっている。政府の景気対 策と過去最高の銀行融資が、住宅や自動車、小売売上高の回復をもた らし、輸出の落ち込みを補っている。

これとは別に、中国の証券会社、申銀万国証券の16日付のリポー トによれば、同社は今年1-6月(上期)の同国企業の利益見通しを 前年比12.7%減に引き上げた。従来の見通しは15.4%減だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE