マツダ株が3連騰、ハイブリッドでトヨタと提携の報道

米フォード・モーターと資本業 務提携関係にあるマツダの株価が3連騰。一時前日比12%高の254 円と、取引時間中の上昇率としては4月6日以来、およそ3カ月ぶり の大きさを記録。16日付の日本経済新聞朝刊で、トヨタ自動車とマ ツダがハイブリッド技術で提携の方向で最終調整と報じられ、これを 手掛かりにした買いが先行した。

CSMワールドワイドの日本・韓国ビークル・セールス・フォー キャストマーケットアナリスト、川野義昭氏は「減税効果などでハイ ブリッド普及の速度が速まっている。逆に言うと、ハイブリッドがな ければ台数稼ぐのが難しい」と指摘。マツダにとって電気自動車など 次の段階までの間に「提携をすれば、それまでの台数の落ち込みが避 けられ、長期的にもプラス」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE