米国債の利回り曲線:傾斜化は今後も当分続く可能性-PIMCO

債券ファンド運用最大手、米パ シフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のポー トフォリオマネジャー、トニー・クレセンツィ氏は、米国債のイール ドカーブ(利回り曲線)のスティープ(傾斜)化は「今後も当分続く 可能性がある」との見通しを示した。

同氏はリポートで、市場参加者は米国の経済成長が再びプラスに 転じるとみていると指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE