円反発、米CIT破たん懸念でリスク許容度低下-米企業決算に注目

東京外国為替市場では円が反発。 米商業金融CITグループの破たん懸念から投資家のリスク許容度が 低下するとの思惑が強まり、資源国通貨や相対的に金利の高い通貨か ら円に資金を戻す動きが優勢となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。