TB利回りは上昇傾向、需給懸念が顕在化-緩和長期化で需要減退へ

国庫短期証券(TB)利回りが上 昇傾向になっている。国債大量償還に伴う資金流入が一時的で終わり、 大量発行に伴う需給懸念が再び顕在化しているためだ。日本銀行が景 気の先行きに慎重な見方を続けるなか、金融緩和の長期化観測から中 長期債に買い安心感が出て、TBは利回り対比で需要が減退している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。