米トウモロコシ先物:1週間ぶり高値から反落-現物上昇で売り拡大

シカゴ商品取引所(CBOT)で は15日、トウモロコシ先物相場が一時1週間ぶりの高値まで上昇後、 反落した。過去5営業日の現物価格の高騰を受け、米国の農業経営者 や穀物販売業者の売りが拡大する兆しが示されたことが要因。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。