ブラインダー氏:米労働市場は「ひどく悪い」状態-景気回復は脆弱

プリンストン大学教授のアラ ン・ブラインダー氏は15日、米労働市場が「ひどく悪い状態」にあ ると指摘するとともに、経済のたるみ(スラック)がインフレ圧力緩 和に寄与するとの見通しを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。