米国株の「恐怖指数」VIXが上昇-株高局面の一服を示唆か

15日の米国株市場では、S&P500 種株価指数が上昇した一方、投資家の不安を反映する指標も高くなり、 週明けから3日間続いた株高局面が一服する可能性があることを示唆 した。

ニューヨーク時間午後2時(日本時間16日午前3時)現在、米国 株が下落するとほぼ確実に上昇することから「恐怖指数」として知ら れるシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数(V IX)は、前日比1.7%上昇の25.44。S&P500種は2.4%高。

証券会社チャールズ・シュワブによると、両指数が同じ方向に動 く確率は2003年1月以降は6%で、うち66%は翌日にS&P500種の 動きが反転した。過去9回の例では7回反転している。

チャールズ・シュワブのトレーディング・デリバティブ(金融派 生商品)担当責任者、ランディ・フレデリック氏は「注目に値する現 象だ。VIXは15日午後か16日に株式相場が下落することを示唆し ている」と語った。

両指数は今月6日にそろって上昇。翌7日にはS&P500種が2% の下落に転じた。

フレデリック氏によると、16日発表される先週の失業保険新規申 請件数に対する懸念が投資家の間で広がっている可能性があるという。 6月の失業率は9.5%と、26年ぶりの高水準に上昇した。

同氏は「最近は予想外の数字が発表されることがある」と指摘。「再 びそうなるかもしれないという見方が強まっているのだろう」と語っ た。

-- Editors: Nick Baker, Stephen Kleege

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Matt Townsend in New York at +1-212-617-1853 or mtownsend9@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Nick Baker at +1-212-617-5919 or nbaker7@bloomberg.net .

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE