IMF:景気回復なければ、日本は追加刺激策必要-対日審査報告

国際通貨基金(IMF)は15日、対 日審査報告を公表し、海外の需要が景気回復に十分でなければ、日本政 府と日銀が追加的な景気刺激策を準備する必要があると指摘した。 IMFは日本の来年の国内総生産(GDP)伸び率を1.75%と予想して いる。今年はマイナス6%の予想。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。