米国債とドル弱気が後退、景気懸念を反映-ブルームバーグ調査

ブルームバーグが世界の端末ユ ーザー2700人以上を対象にまとめた7月の調査(実施6-10日)に よると、米国債とドルに対する弱気が後退した。世界的な景気回復が 予想ほど早く進まないとの懸念から米資産への需要が増していること が背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。