6月のユーロ圏消費者物価改定値:前年同月比0.1%低下

欧州連合(EU)統計局(ユーロ スタット)が15日発表した6月のユーロ圏消費者物価指数(改定値) は、1996年に統計を取り始めて以来初めて、前年同期比で低下した。 エネルギー価格の下落に加え、失業の増加に伴い家計が支出を抑えた ことを反映した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。