ゴールドマン:全日空株を「中立」に格上げ、日航株は「売り」に下げ

ゴールドマン・サックス証券は15 日、全日本空輸株の投資判断を「売り」から「中立」に引き上げた。株 価は航空需要の減少や増資などの悪材料を十分に折り込んだとしてい る。一方、日本航空株の投資判断は「中立」から「売り」に引き下げて いる。業績見通しなどが競合他社に比べて見劣りするという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。