英豪リオの鉄鉱石生産:4-6月は前年比8%増-中国の需要増予想

世界3位の鉱山会社、英・オース トラリア系リオ・ティントは15日、4-6月(第2四半期)の鉄鉱石 生産が前年同期比8%増となったと発表した。中国の鉄鋼需要の回復 は下期(7-12月)も続くとみている。

リオが発表した文書によると、利益のうち最も多くの部分を占め る鉄鉱石の4-6月の生産は4520万トンと、前年同期の4190万トン から増加した。通期の生産見通しは2億トンで据え置いた。

世界的な景気低迷で最大の金属消費国である中国の需要が減退し 世界の価格が下落したため、リオのトム・アルバネーゼ最高経営責任 者(CEO)は鉄鉱石やアルミニウム、ダイヤモンドの生産を削減し ている。リオはこの日、特にアルミなど、市場は4-6月も厳しい状 態が続いたとの見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE