BOAはメリル資産への保証について政府に料金支払いを-米下院議員

米銀バンク・オブ・アメリカ (BOA)は、買収したメリルリンチの資産1180億ドル(約11兆 400億円)に対する政府の暗黙の保証によって利益を得たため、それ に対し料金を支払うべきだと米下院の委員会は結論付けた。

同委員会はBOAによるメリル買収について調査している。エド ルファス・タウンズ下院議員(民主、ニューヨーク州)はBOAのケ ネス・ルイス最高経営責任者(CEO)にあてた書簡で、「BOAの CEOまたは他の行員が、口頭であれ何であれ約束をしたのであれば、 それを履行することを求める」と伝えた。書簡はブルームバーグ・ニ ュースが入手した。

事情に詳しい複数の関係者によれば、規制当局は1月に合意され た40億ドルの保証料のうち少なくとも一部については、BOAに支 払い義務があると主張している。メリルが持つ住宅ローン担保証券な どの資産への政府保証によって、BOAが恩恵を受けたという理屈だ。 関係者が匿名を条件に述べたところによると、一方のBOAは保証合 意の内容が実行されることはなかったため、支払いは不要と主張して いる。

ブラッド・シャーマン米下院議員(民主、カリフォルニア州)な ど米議員は、米政府の金融機関救済で、納税者が正当に報いられてい るかという点を問題視。また、BOAによる1月のメリル買収になぜ 公的支援が必要だったかについても疑問を呈している。

BOAが1月に公表した政府との合意の内容は、米連邦準備制度 理事会(FRB)と財務省、米連邦預金保険公社(FDIC)が融資 債権や住宅ローン担保証券などの金融商品について10年間に発生し 得る損失の一部を肩代わりする内容。これらの資産の大半はメリルの 資産だった。BOAは優先株とワラント(新株購入権)の形で40億 ドルの保証料を支払うことで1月に合意していた。

BOAの広報担当者ローレンス・ディリタ氏は、タウンズ議員の 書簡について、現在のところコメントはないと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE