中国は米国債購入の継続を-人民銀行エコノミストが見解

中国人民銀行(中央銀行)のエコ ノミスト、王勇氏は15日付の中国証券報に寄稿し、中国は米国債の保 有高を「適度に」増やすべきであり、今年の購入額は2008年を下回る べきではないとの見解を明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。