機能不全の政策決定システムの変革必要-政策研究大学院大・飯尾教授

政策研究大学院大学の飯尾潤教授 は14日、ブルームバーグニュースのインタビューで、来月行われる予 定の衆院選挙に関連して、いずれの政党が政権を担うかにかかわりな く、政策論議の活性化のためには、機能不全に陥っている現行の意思 決定システムの変革が必要だとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。