欧州委:インドネシア航空会社4社の域内乗り入れ禁止措置を解除

欧州連合(EU)は14日、イン ドネシアの航空会社4社に対し、2007年から続けていた域内への乗り 入れ禁止措置を解除した。

EUの行政執行機関、欧州委員会は発表文書で、インドネシアの 民間航空当局の安全管理体制に「大幅な改善」が認められたとして、 ガルーダ・インドネシア航空、マンダラ航空、プレミエア、エアファ ストの4社すべてに対し、2年前に科した域内への航空機乗り入れ禁止 措置を解除した。

欧州委はまた、インドネシアの航空会社と同時に域内乗り入れを 禁止したアンゴラ航空に対して、「特定の航空機のみ、極めて厳格な 条件の下」にポルトガルへの飛行を許可する方針を示した。

欧州委は06年に域内への乗り入れ禁止航空会社のリストを発表。 リストの見直しは今回で11回目で、アフリカの航空会社を中心に90 社余りが載せられている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE