債券投信への資金流入、7四半期連続で株式上回る-モーニングスター

債券投資信託への4-6月(第2 四半期)の資金流入額が、7四半期連続で株式ファンドを上回り、販 売も少なくとも過去11年で最高だったことが、調査会社モーニングス ターの調べで明らかになった。

モーニングスターによると、4-6月期の純資金流入額は、債券 ファンド812億ドル(約7兆6000億円)に対し、株式ファンドは164 億ドルにとどまった。また、債券ファンドの販売は、同社が数字の集 計を開始した1998年1-3月以来で最も好調だった。

ヒューイット・アソシエーツの退職関連調査担当ディレクター、 パメラ・ヘス氏は電話インタビューで、「人々が再び株式をすっかり 受け入れるまでには、しばらく時間がかかるだろう」と指摘した。

モーニングスターによると、株式ファンドからは昨年1749億ド ルの資金が流出し、投資家らは今年1-6月(上期)にさらに178億 ドルの資金を引き揚げた。S&P500種株価指数は、その1年半で37% 下落した。

一方、債券ファンドには昨年317億ドル、今年上期に1316億ドル の資金が流入。メリルリンチの米社債・国債マスター・インデックス は、その間5.8%上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE