円が対ユーロで一段安、アジア株ほぼ全面高でリスク許容度の改善期待

東京外国為替市場では、円が午後 の取引でユーロに対して下げ幅を拡大する展開となった。一部米企業の 決算好調を背景に、アジアの株式市場がほぼ全面高となっているほか、 米国の株価指数先物がプラスで推移していることから、比較的金利の高 い通貨に対して円の売り圧力が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。