TOPIXは小反落、金融や不動産株中心に下げ-インテル効果限定的

東京株式相場は、TOPIXが小 幅反落。企業業績の行方を見極めたいとのムードが強い中、きのうの米 国で金融株が下落した流れを受けた。公募増資の値決め期間入りで、株 主利益の希薄化懸念が根強いみずほフィナンシャルグループが急落する など、銀行指数は東証1部33業種の下落率首位。不動産や建設、情 報・通信株も安かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。