NY銅先物:約1週間ぶり高値-中国経済の回復見通しを好感

14日のニューヨーク銅先物相場は、 中国経済の回復が需要見通しを押し上げるとの観測を背景に、約1週 間ぶりの高値を付けた。

ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト20人を対象に行った調 査では、中国の第2四半期(4-6月)の国内総生産(GDP)は前 年同期比7.8%増との予想が示された。過去最高の融資の伸びと投資拡 大で、第1四半期(1-3月)の約10年ぶりの低成長から改善する見 込み。

ラサール・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のトレーダー、 マシュー・ジーマン氏は「景気回復に対する楽観論が市場に戻ってき た。買い手が戻りつつあり、これが銅相場の回復を支えるだろう」と の見方を示した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物相場9月限終値は、前日比7.6セント(3.4%)高の1ポンド=2.299 ドル。一時は2.311ドルと、中心限月としては2日以来の高値に上昇 した。

銅先物相場は、世界最大の金属消費国である中国の輸入が過去最 高に達したことを背景に、年初来で63%上昇。中国政府は16日に第2 四半期のGDPを発表する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE