米ゴールドマン株、「上げ疲れ」の可能性-テクニカル分析が下落示唆

米金融サービス会社ゴールドマ ン・サックス・グループが14日発表した2009年4-6月(第2四半 期)は過去最高益となったものの、ボリンジャーバンド分析によると 投資家は同社株の売却を検討する必要がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。