ECBのメルシュ氏:過度の低金利には悪影響がある-独紙ベルゼン

:欧州中央銀行(ECB)の政策 委員会メンバー、ルクセンブルク中央銀行のメルシュ総裁は、ドイツ 紙ベルゼン・ツァイトゥングとのインタビューで、「過度に低い」金利 には欠点があるとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。