米国債:続落、小売売上高好調で-10年債利回り3.46%

米国債相場は続落。米商務省が 発表した6月の小売売上高が市場の予想を上回ったことで、戦後最悪 のリセッション(景気後退)が和らいでいる新たな兆候が示されたと の見方が広がり、国債の相対的な安全性に対する需要が後退した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。