NY外為:円下落、ゴールドマン好決算で高利回り需要増

ニューヨーク外国為替市場では円 とドルがオーストラリア・ドルやブラジル・レアルなどの高利回り通 貨に対して下落。米ゴールドマン・サックス・グループの発表した四 半期決算で利益がアナリスト予想を上回ったほか、6月の米小売売上 高が前月比で増加したことが背景にある。

円はユーロとドルに対しては方向感の定まらない動きとなった。 前日の市場では、ゴールドマン決算への期待で円は対ユーロ、対ドル で下げていた。カナダ・ドルはこの日、対米ドルで約3週間ぶり高値 に上昇。相場が節目となる水準を突破し、同水準に設定されていた米 ドル売り注文が発動した。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの為替ストラテジスト、メグ・ ブラウン氏(ニューヨーク在勤)は「市場にまだ迷いがみられるのは、 この先もまだ決算発表が予定されており、ゴールドマンは特に好調が 予想される企業の一つだったからだ。状況は良くなっている。最悪期 を脱したとは限らないが、状況が改善しているのは確かだ」と述べた。

ニューヨーク時間午後3時9分現在、円は対ドルで0.3%安の1ド ル=93円27銭。前日は92円97銭だった。円は対ユーロで0.2%上昇 して、1ユーロ=129円72銭(前日は129円95銭)。ユーロは対ドル で0.3%安の1ユーロ=1.3936ドル(前日は1.3978ドル)。円は対豪 ドルで1.1%下げて1豪ドル=73円61銭。ドルは対ブラジル・レアル で0.4%安の1ドル=1.9705レアル。

小売売上高

米商務省が発表した6月の小売売上高(速報)は季節調整済みで 前月比0.6%増加した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミ スト予想の中央値(0.4%増)を上回った。

ガイトナー米財務長官は14日、サウジアラビアで講演し、米政府 の金融政策と米連邦準備制度理事会(FRB)の政策は「強いドル」 の支持で一致していると述べ、財政赤字の縮小への「固い決意」を表 明した。

カナダ・ドルは米ドルに対して最大1.3%値上がりし、1ドル=

1.1353カナダ・ドルと、6月22日以来の水準に上昇した。カナダ・ド ルは、過去1カ月の下降トレンドラインに位置する水準を上抜けると、 一段と買いが膨らんだ。

1カ月物ユーロ・ドルオプションのインプライドボラティリティ (IV、予想変動率)はこの日、11.80%に低下し、米リーマン・ブラ ザーズ・ホールディングスが破たんした昨年9月以来の低水準を記録 した。

英ポンド

英ポンドは対ドルで0.3%上昇して1ポンド=1.6274ドル。対ユ ーロでは0.6%高の1ユーロ=85円62銭だった。

英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)が不動産業者や鑑定士 を対象に6月に実施した調査では、住宅市場の改善が示された。

ニュージーランド(NZ)ドルは円に対して続伸。0.8%高の1N Zドル=59円23銭だった。NZ準備銀行(中央銀行)のボラード総裁 は14日、国内経済は他の大半の貿易相手国よりも早く回復し始める公 算が大きいとの見解を示した。

ボラード総裁はネーピアでの講演で、「金融市場の地合いがさら に改善し、再びリスクを取る動きが復活すれば、市場がニュージーラ ンドにさらに一目置くようになることを望む」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE