7月14日の欧州マーケットサマリー:欧州株上昇、金属・銀行が主導

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3962 1.3978 ドル/円 93.20 92.97 ユーロ/円 130.12 129.95

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 203.50 +2.70 +1.3% 英FT100 4,237.68 +35.55 +.8% 独DAX 4,781.69 +59.35 +1.3% 仏CAC40 3,081.87 +29.79 +1.0%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 1.24% +.02 独国債10年物 3.31% +.04 英国債10年物 3.74% +.07

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 924.75 +16.25 +1.79% 原油 北海ブレント 60.82 +.13 +.21%

◎欧州株式市場

欧州株式市場ではダウ欧州600指数が続伸。商品相場の上昇を背 景に鉱山株が上昇したのに加え、ゴールドマン・サックス・グループ の決算が過去最高益となり、アナリスト予想を上回ったことが材料と なった。

ドイツ銀行など銀行株が買われた。ロンドン市場の非鉄金属相場 が上昇したことを受け、英豪系鉱山会社リオ・ティントと、同業の豪 BHPビリトンが上昇。自動車メーカー増産への期待から、ドイツの BMWとフランスのルノーが大幅高となった。

ダウ欧州600指数は前日比1.3%高の203.50で終了。6月11 日の水準からは依然として5.3%下げている。

ロイヤル・ロンドン・アセット・マネジメントのファンドマネジ ャー、アンドレア・ウィリアムス氏は、「ゴールドマン決算が良かっ たことから、欧州全体で株価が上昇した。依然として不透明感は強い ため、こうした企業決算が待ち望まれていた。市場にとっては重要な 四半期だ」と語った。

米国ではJPモルガン・チェースやシティグループなどS&P500 種株価指数の構成銘柄のうち30社余りが今週決算を発表する。ブルー ムバーグがまとめたデータによれば、アナリストらは同指数構成企業 の4-6月期決算を平均35%減益、7-9月期を21%減益と予想し ている。

14日の西欧市場では、アイスランドを除く17カ国で主要株価指 数が上昇。ダウ・ユーロ50種株価指数は前日比1.1%高、ダウ・欧 州50種株価指数は1.3%上げた。

ドイツ銀は2.6%上昇。フランスのBNPパリバは3.1%上げた。

BHPは3.5%高、リオ・ティントは5.1%上昇した。ロンドン 金属取引所(LME)では銅相場が非鉄金属の上げを主導した。

BMWは5.3%上げた。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT) は、BMWが今後6カ月の生産計画を引き上げる用意があると指摘、 世界の自動車市場が転換期を迎えつつあることが示唆されていると報 じた。ルノーは4.2%上げた。

◎欧州債券市場

欧州債相場は下落し、ドイツ10 年債利回りはここ5週間で最大の上げとなった。株価上昇に加え、ゴ ールドマン・サックス・グループの4-6月期決算で、金融危機の最 悪期が過ぎたとの兆候が強まったことが背景にある。

独10年債利回りは約2カ月ぶりの低水準から反転。この日のMS CI世界指数は上昇した。ゴールドマン・サックスの4-6月期は過 去最高益となり、アナリスト予想も上回った。トレーディング収入と 株式引き受けの手数料が過去最高を記録したことが寄与した。

ウニクレディト・マーケッツ・アンド・インベストメント・バン キングの債券ストラテジスト、コーネリアス・パープス氏は「過去数 日間の株価上昇で、国債相場は下落している。過去4週間にわたり積 み重なった悲観は若干誇張されていたため、これが調整されている」 と語った。

ロンドン時間午後4時25分現在、10年債利回りは前日比4ベー シスポイント(bp、1bp=0.01)上昇し3.31%。一時は8bp 上昇し、先月1日以来で最大の上げとなった。同国債(表面利率

3.5%、2019年7月償還)は0.35ポイント下げ101.61。2年債 利回りは一時7bp上げた。これは6月8日以来で最大の上昇。

◎英国債市場

英国債相場は下落。6月の英住宅市場の改善を示唆する調査結果 を受け、英経済が景気後退(リセッション)最悪期から脱却しつつあ るとの見方から、国債は売りが優勢となった。

2年債利回りは3営業日ぶりに上昇。英王立公認不動産鑑定士協 会(RICS)が不動産業者や鑑定士を対象に6月に実施した調査に よると、英国全体では住宅価格が下落したとの回答は上昇したとの回 答を18.1ポイント上回ったが、その差は2007年9月以来で最小だ った。また、米ゴールドマン・サックス・グループが発表した4-6 月(第2四半期)決算が予想を上回ったことを手掛かりに株価が上昇 したことも、英国債の売り材料となった。FTSE350銀行株指数は

1.7%上昇した。

ウニクレディト・マーケッツ・アンド・インベストメント・バン キングの債券ストラテジスト、ジュゼッペ・マラフィーノ氏(ミラノ 在勤)は、「住宅関連データは見通しの緩やかな改善を示唆したとい う点でプラスの内容だったが、国債にとっては悪材料だ」と語った。

2年債利回りは前日比6ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)上げ1.11%となった。同国債(表面利率4.25%、2011 年3月償還)価格は0.11ポイント下げ105.12。10年債利回りは7 bp上げて3.74%。

NI JFALL NI JPALL NI JHEAD NI JNEWS NI JBN NI TTT NI FRX NI STK NI EUB NI GLT NI CRUDE NI CMD NI JCMD NI GLD NI EUROPE NI EURO NI FRANCE NI UK NI GER NI DAYAHEAD NI TOPKAIGAI NI TOPJF NI TOPJ

##

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE