ドイツ東部6州:4-6月にリセッション緩和、景気刺激策で-IWH

ドイツのハレ経済研究所(IWH) は14日、企業が景気刺激策の恩恵を受けているため、同国東部6州 のリセッション(景気後退)は4-6月(第2四半期)に緩和したも ようだとの見方を示した。

IWHによると、ベルリンを含む東部6州の第2四半期の経済成 長率は前期比1.1%のマイナスになったもよう。1-3月(第1四半 期)は同3.5%のマイナスだった。

IWHによれば、輸出主導型の西部10州と異なり、東部地域の 企業は国内需要向けの財・サービスが中心で、景気刺激策の恩恵を受 けている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE