大黒天社長:同業食品スーパーの買収に前向き、M&A専門部署を新設

岡山県を地盤に24時間営業のデ ィスカウント型食品スーパー53店を展開する大黒天物産が業容拡大な どを目指してM&A(企業の合併・買収)を前向きに検討していること が分かった。同社社長の大賀昭二氏が14日午後、決算発表後の会見時 に明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。