円高は早期収束へ、対ドルで94~99円レンジに回帰-バークレイズ銀

バークレイズ銀行の逆井雄紀FX ストラテジストは14日、先週来の円高局面は、世界景気の先行きに対 する過度な楽観論の修正を背景とした急激な市場センチメントの悪化が 主因だとして、ファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)の裏付けに 乏しく、長続きしないとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。