米司法省がCDS市場を調査-マークイットグループ

米司法省がクレジット・デフ ォルト・スワップ(CDS)市場を調査していることが、デリバテ ィブ関連データを提供するマークイットグループ(ロンドン)の情 報で13日分かった。同社にはウォール街の大手金融機関が50% 以上を出資している。

マークイットの広報担当テレサ・チック氏は13日、ブルー ムバーグ・ニュースの取材に対して電子メールで返答を寄せ、「司 法省からCDSと関連市場について調査するとの通知を受けた」と 語った。調査内容についてはコメントを控えた。同氏は「当社は司 法省に協力し、当社に要求されたあらゆる情報を提供する」と述べ た。

事情に詳しい関係者3人によると、司法省の反トラスト局が 今月、マークイット株を保有する複数の金融機関に民事調査通知を 送付、これら金融機関が価格情報へのアクセスで公平さを欠いたか どうかを調べると知らせてきた。米議会はCDSを含めて想定元本 ベースで592兆ドルに上る店頭デリバティブ市場の規制を強化す る方針。

司法省の報道官からのコメントはこれまでのところ得られてい ない。

-- Editors: Alan Goldstein, Kenneth Kohn

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Matthew Leising in New York at +1-212-617-1151 or mleising@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Goldstein at +1-212-617-6186 or agoldstein5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE