NZ中銀ボラード総裁:NZ経済は大半の貿易相手国より早く回復へ

ニュージーランド(NZ)準備銀 行(中央銀行)のボラード総裁は14日、国内経済は他の大半の貿易相 手国よりも早く回復し始める公算が大きいとの見解を示した。

ボラード総裁はネーピアでの講演で、「世界的な回復の初期の兆候 が現れてきた」と述べた上で、「NZは他の貿易相手国に先んじて回復 へ向かう公算が大きいとみられる」と語った。

同総裁は先月、NZ経済は今年10-12月(第4四半期)に成長が 始まり、過去30年で最悪のリセッション(景気後退)から脱却すると の見通しを示した。同国経済にはさらなる刺激策が必要であるため、 2010年後半まで政策金利は過去最低の2.5%を維持する公算が高いと 説明した。

同総裁は、国内景気の回復は家計の貯蓄増進や、輸出を押し上げ る生産分野への投資拡大を奨励する機会になると述べた。講演内容は NZ準備銀のウェブサイトに掲載された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE