ステーキのぺッパF株買い気配、不採算店整理で収益向上-利益増額

ステーキ専門店「ペッパーラン チ」を展開するぺッパーフードサービスの株価が、制限値幅いっぱい のストップ高買い気配。前期に既存店の清算整理を進めて収益力が回 復、2009年12月期の利益は従来予想より上振れる見通しとなり、 足元の株価が調整過程にあった中で、見直しの動きが活発化した。

午前終了時点の取引状況は前日比5000円(9.2%)高の5万 9300円の水準で買い気配のまま。消費低迷などを背景に、直近高値 を付けた6月17日から株価は約3割下落していた。

同社は13日の取引終了後、09年12月期の営業利益は従来予想 比16%増の3億6000万円の見通しになったと発表した。主力の 「ペッパーランチ」の上期(1-6月累計)の既存店売上高は前年同 月比0.4%減とやや苦戦しているが、前期に不採算店舗を整理した上、 食材の仕入れ方法などを見直したことなどで収益力が向上したという。 前期の閉店数は非開示。

IR担当の春山智雄氏によると、「個別に業者と仕入れ価格を交 渉した結果、仕入れ価格が下がり、売上原価の低減につながった」と 話している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE